福岡県久留米市の古賀病院グループが3年課程全日制の看護学校を開校

お問い合わせ

0942-38-3866

(9:00~17:00/土日祝を除く)

学校紹介

学校紹介

理事長あいさつ

社会医療法人 天神会 理事長 古賀 伸彦

社会医療法人 天神会
理事長

古賀 伸彦

Nobuhiko Koga

略歴
1971年
久留米大学第三内科入局
2003年2月
新古賀病院院長
2006年6月
医療法人天神会理事長
2012年4月
社会医療法人天神会理事長

保健・医療・介護・福祉に貢献できる専門性の高い看護の実践者を育成し、地域に送り出すことが当法人の使命であると信じています

社会医療法人天神会は、創立70周年を迎えようとしています。古賀病院グループの前身は昭和21年4月久留米市に初代院長古賀一雄が内科医院を創設したことに始まります。

現在は、新古賀病院(DPCⅡ群)、古賀病院21(DPCⅢ群)、新古賀クリニックを中心にした急性期医療から、訪問看護ステーション、通所リハビリテーション、老人保健介護施設などの看・介護事業、へき地医療、外国からの医療ツーリズム受け入れなど総合的に展開する地域医療に密着した社会医療法人です。(財)日本医療機能評価機構からVer.6の更新認定も受けています。

この度、70周年記念事業の一環として看護師養成所(3年課程・全日制)を創設します。

今、看護基礎教育を行うことで、施設から地域・在宅へとパラダイムシフトする医療政策に柔軟に対応でき、そして保健・医療・介護・福祉に貢献できる専門性の高い看護の実践者を育成し地域に送り出すことが当法人の使命であると信じています。

名誉学院長あいさつ

古賀国際看護学院 薬師寺 道明

古賀国際看護学院
名誉学院長

薬師寺 道明

Michiaki Yakushiji

略歴
1964年3月
久留米大学 大学院卒
医学博士
1987年5月
スイス バーゼル大学客員教授
1988年4月
久留米大学教授
(産婦人科学講座主任)
1995年4月
久留米大学病院長
1999年4月
学校法人久留米大学顧問・筑後市立病院院長
2004年1月
久留米大学学長
2012年1月
久留米大学名誉学長
中国遼寧省何氏学院名誉総長
地方独立行政法人筑後市立病院名誉院長
社会医療法人天神会顧問

多職種との連携・役割分担に応えられる看護を学べる環境を整え、3年間の学院生活が楽しく充実したものになるよう努めて参ります

少子高齢社会の時代背景は、医療の機能分化や地域包括ケアシステムなどの医療提供体制の変改・構築を進め、看護への量的・質的役割期待・重要性を高めています。一方医療は先進医療の導入など高度化し、看護師には、自身の専門性を高めるとともに、多職種との連携・役割分担(チーム医療でのリーダーとして)が求められています。

本学院はあらゆる要請要望に応えられるように、教育内容を構築し、教育者や実習施設の質を担保、学び舎の環境の充実を図ることを目標にしています。

また本学院で学ぶ学生が“豊かな倫理観”を育み、“専門的実践力”を身につけ、“国際的な視野”をもち、“学び続ける力”を備えて巣立っていけるよう、環境を整え、3年間の学院生活が楽しく充実したものになるよう努めて参ります。

特に今後の日本の医療は、アジアのみでなく、先進諸国に伍した“国際的な交流”を重視したものにするため、すでにその環境を整えつつあります。誇りある看護師を育てます。安心してご入学ください。

学院長あいさつ

古賀国際看護学院 佐藤 和美

古賀国際看護学院
学院長

林 明宏

Akihiro Hayashi

『看護師・医療人としてのプロフェショナリズムの涵養に努める』

本学院は、古賀病院グループ創設70周年を記念して、2016年に全日制3年過程の看護専門学校として新規開校致しました。
社会医療法人天神会の古賀病院グループ病院を主体に、専門診療科の医師や現場の看護師、薬剤師、理学療法士、放射線技師、臨床工学技士等が講義を担当しており、大学看護科にも劣らない教育を受けることができます。また、本学院は、古賀病院グループ病院(新古賀病院、古賀病院21、新古賀リハビリテーション病院みらい)という充実した医療環境があり、精神看護、産科、小児などを除いた多くの教科がグループ内病院にて実習が可能です。 近年、わが国の医療は高度先進医療導入に伴い医療技術も高度化や細分化の傾向がある一方、急速な少子高齢化の進行により、医療現場では在院日数の短縮、在宅医療や介護施設への入居者も増加しており、今後も居住地域内での医療・介護のシームレスなケア(地域包括ケアシステム)構築が推進されます。このような状況において様々な場面での看護師の役割は質、量ともにますます拡大し増加しています。
さらに2020年から世界的に感染拡大(パンデミック)となった新型コロナウイルス感染症に対する医療においても、看護師が果たす役割の重要性が注目されています。
本校を目指す皆さまには入学後、看護に必要な医学的知識と確かな看護技術習得に加え、生命への尊厳と、疾病に苦しむ患者さまの心に寄り添う優しい気持ちを育み、自分自身で考えて行動できるプロフェッショナルの看護師になれるような基礎を形成するよう、本校教員・スタッフは教育、指導に努めたいと考えています。
最新の医療知識と看護技術を通して医療に貢献するのみならず、次の時代の保健、医療、福祉を担う人材になっていただきたいというのが私たちの願いです。